お湯を沸かそう! - 東日本大震災の体験談 宮城県名取市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この体験を多くの方に読んでもらいたいので、ブログランキングに登録しています。
内容が為になったと思って頂けましたら、ボタンをクリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

お湯を沸かそう!

最近では安全で早く沸く”電気ケトル”などでお湯を沸かす方が多いと思います。もちろん停電になればケトルは使えませんが震災時にお湯は結構使います。料理に使ったり、コーヒーを飲んだり、体を拭いたりと、様々です。

電気が無い状態でお湯を沸かすには、コンロで沸かす、石油ストーブの上に置いて沸かす、焚き火で沸かすなどです。焚き火は少々危険で危ないです。冬場であれば石油ストーブの上で簡単に沸かせますね。東北地方太平洋沖地震時、我が家では主にこの方法で沸かしていました。そしてカセットコンロですね。
bousai_z-0030.jpg
★楽天市場で”カセットコンロ”を見てみる★


震災2~3日目あたりからコンビニやスーパー、ホームセンターが少しずつ小さい規模で店を開け始めますが、コンロのガスはすぐに売り切れてしまい、手に入らないと考えたほうが良いでしょう。

コンロは調理にも使いますので、普段からガスは多めにストックしておいたほうが良いと思います。余談ですが、私はアウトドアが好きで、このようなアウトドアグッツを持っています。ものすご早さでお湯を沸かせる優れものです。



「温める」「食べる」「飲む」がひとつでこなせる1リットルの保温クッカーと、熱効率の高いストーブがセットになった簡単便利なアウトドア用調理器具です。クッカーの底のフラックスリングが抜群の熱効率を実現。わずかな燃料で素早く沸騰します。
関連記事



この体験を多くの方に読んでもらいたいので、ブログランキングに登録しています。
内容が為になったと思って頂けましたら、ボタンをクリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

FXを徹底比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。