電話が使えないと・・・ - 東日本大震災の体験談 宮城県名取市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この体験を多くの方に読んでもらいたいので、ブログランキングに登録しています。
内容が為になったと思って頂けましたら、ボタンをクリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

電話が使えないと・・・

わかっているとは思いますが、電話が使えないと家族や友人との安否確認が出来ません。

本題はここからですが、災害時に電話が使えなくなるのは、通話が集中してしまいつながりにくくなってしまうからです。ある一定以上の通話が発生すると、自動的に電話の利用を制限する仕組みになっています。

大きな災害が起きると被災地に住む家族や友人の安否が心配でつい電話をかけてしまいますが、実はこのせいで被災地への電話が通じなくなります。

実際に東北地方太平洋沖地震の時は、家族に電話が通じたのは2日後でした。その間はとても心配でたまりませんでした。そんな時は「災害用伝言ダイヤル171」を使います。
「災害用伝言ダイヤル171」

「171」はNTT東日本・西日本が提供しているサービスで、通常時にはダイヤルしても使えないようになってます。災害があった起こった時点でNTTが開始するサービスです。災害が発生したら、テレビやラジオでお知らせが出るでしょう。

伝言ダイヤルは意外と簡単です。こちら記事にある動画で学びましょう!
「災害用伝言ダイヤル171」は最低限覚えておこう

また、自宅の電話や携帯電話よりも公衆電話のほうが優先度が高くなっており繋がりやすくなってます。震災時は無料で使えるようになる事が多いですが、無料ではない時もありますので、非常持ち出し袋に10円玉を何枚か用意しておきましょう。そして、自宅付近の公衆電話を確認しておきましょう。コンビニにはだいたい置いてあります。

kousyudenwa.jpg

それと、携帯用手動充電器やソーラー式充電器、予備バッテリーなどあると便利でしょう。

そして東北地方太平洋沖地震でも活躍したTwitter(ツイッター)です。Twitterを簡単にいうと”独り言”なのですが、自分がその時どう感じたか、何を思ったのか、何をしたのかを残しておくのがツイッター。

そして、そのコメントを見た人でのっかりたい人だけのっかる。で、乗っかってきたコメントにさらにのっかるのもよし、また無視するのもよし。どうでもいいテキストの情報がたまっていくのがツイッターです。

これが震災時にどのように役に立ったのかというと、安否確認や情報交換の場に使われたのです。私は使いませんでしたが、さまざまな方面で使用されたそうです。無料で使えますので、気軽に使ってみてはいかがでしょうか?ツイッタージャパンのホームページで使用方法などが見れます。

logo_twitter_withbird_1000.jpg
Twitter Japan はこちら
関連記事



この体験を多くの方に読んでもらいたいので、ブログランキングに登録しています。
内容が為になったと思って頂けましたら、ボタンをクリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

FXを徹底比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。