非常持ち出し袋を準備しよう! - 東日本大震災の体験談 宮城県名取市

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この体験を多くの方に読んでもらいたいので、ブログランキングに登録しています。
内容が為になったと思って頂けましたら、ボタンをクリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

非常持ち出し袋を準備しよう!

「非常持ち出し袋」って言葉自体聞いた事ない人いますか?今後の為に知っておいたほうがいいですよ!

では「非常持ち出し袋」とは何でしょう!ズバリ、「大きな災害が起きた時に持っていく物!」。命を助ける、サバイバルグッズ的な、必要最小限の避難グッズです。バッグにはあなたや家族を助ける道具を詰め込むのですが、平均重量は男性で15kg、女性で10kgと言われています。

そんなに?と思うかもしれませんが、ある程度のライフラインが復旧するまで、約3日くらいかかります。実際に東北地方太平洋沖地震の時は、電気が復旧するのに1週間くらいかかりました。ガスに関しては、1ヶ月以上かかった所もあります。(仙台市などでも)

ちなみにこの震災時、早くて2~3日でコンビニ、スーパー、ドラッグストア等が店を開け始めますが(被害状況にもよります)、開店後すぐに売れてなくなった物は、水、カップラーメンや即席系の食べ物、米、乾電池、カセットコンロとガス、携行缶、紙類おむつ等がすぐになくなりました。私は幸い「非常持ち出し袋」を用意していましたので、それほど困りませんでした。

それに、小さいお子様がいる家庭では、なおさら準備が必要だと思います。今回の震災でも、紙おむつが買えなくて困っていたお母さんがいました。あの時の困っていた顔は忘れられません。
「備えあれば憂い無し」とはこの事ですね。



「非常持ち出し袋」チェックリスト ダウンロード


良い機会ですので、必要最小限の物から用意してみてはいかがでしょうか?こちらに私が作成した”非常持ち出し品 チェックリスト”があります。

hijyoumochidasi list

よろしければこちらからダウンロード出来ます。

非常持ち出し品 チェックリスト pdf_icon.gif

Excel版もあります。こちらですと、リストを自由にカスタムする事が出来ます。

非常持ち出し品 チェックリスト icon_illust004_01.png

すでに 非常持ち出し袋 としてセットになって売っているのもあります。
災害になってからでは遅いです。今回体感しました・・・。


関連記事



この体験を多くの方に読んでもらいたいので、ブログランキングに登録しています。
内容が為になったと思って頂けましたら、ボタンをクリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 防犯・防災へ

FXを徹底比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。